人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

社会保守主義のSet折の教訓

最高裁判所が婚Defense防衛法またはカリフォルニア州の提案8について何を決定したとしても、同性愛者の結婚はいつか全国的に勝つという予見されない結論のようです。

何百万人も祝福し、社会的保守派はそれを反映すべきです。結婚の今後の敗北は、彼らの政治戦略の欠陥を明らかにするからです。

まず、保守的なクリスチャンは詩salを無視し、王子に信頼を置きました。 「価値投票者」の最大の単一ブロックである白人福音派は、ジョージWブッシュが2004年に獲得した3票ごとに1票を投じました。

政治に関与し、共和党自体を作り直そうとするのは間違っていませんでした。しかし、あまりにも多くの人々が、国の救いがGOPの大統領、立法者、裁判官にあるというすべての利用可能な証拠に反対しました。その信仰は見当違いでした。

他の社会的保守派は、ポッテージの混乱のために彼らの魂を売って、その指導者を説明することなく共和党の油っぽい棒に登りました。到着時の憲法修正と最高裁判所再審の約束に多すぎる政治的資本が費やされた。

裁判所が結婚防衛法を無効にした場合、社会的保守主義者は、米国憲法の第3条、第2条を単に払拭しただけではなく後悔する可能性があります。管轄権の剥奪は、実際には共和党の大統領と議会で達成できました。

共和党が管理する下院は、ブッシュ政権の祝福を受けて結婚保護法を実際に可決しました。 SupremesがDOMAケースを完全に聞いていない可能性があります。しかし、社会保守派は代わりに不運な連邦結婚の修正に焦点を合わせた。

ナンシー・ペロシは最近、この法律がDOMAの違憲性を認めていることを冷笑した。それどころか、州の結婚法が連邦の管轄下にない場合、これは連邦裁判所にも適用されると単に述べています。洞察は結婚に限定されません。それは中絶から学校の祈りに至るまでの社会問題に関連しています。

政治的に積極的な社会保守派は、異性愛に由来するニーズを満たすために特別に生まれた制度として、伝統的な結婚を積極的に主張することができませんでした。代わりに、彼らは同性愛に対する道徳的異議に加えて、同性愛に対する個人的な嫌悪感に依存しており、アメリカ人のわずか27%が結婚の再定義を支持したときにすでに衰退していた。

アメリカの法律と慣習では、結婚は男性と女性の結合であると伝統的に定義されていたため、同性結婚サポーターが最終的に議論に勝ったとしても、可能な限り多くの結婚文化を救う助けとなった理由を強調します。それはまた、結婚の私的目的と公的目的との間の拡大する相違に国を目覚めさせたかもしれない。その代わりに、多くの社会保守派は同性愛を非難することを望んだ。

社会保守主義者は、結婚の事件を制度自体から切り離し、関係の状態に関係なく個人に広げるなど、妥協を避けました。これは、文化と法律における「結婚の平等」を主な目標とした人々を満足させることはできなかったでしょうが、市民社会や国内のパートナーシップの「別々だが平等」なアプローチなしに、病院訪問のような具体的な利益の必要性を満たしたかもしれませんいずれにしても保守派。

最終的な結果は、何百万人ものアメリカ人、特に若者が、現在、 ニューヨーク・タイムズ コラムニストのロス・ダウトハットは、「結婚の生殖に関する理解は完全に偏見に基づいており、男性と女性の結婚の理想から離れることは分離の終わりに似ている」と述べた。

その見方を論理的な結論にすると、同性愛者やレズビアンができることよりも、結婚や家族にとってはるかに破壊的である可能性があります。

また、何百万人ものカトリック教徒、南部バプテスト、非宗派の福音主義者、モルモン教徒、さらには同性愛と結婚に関する伝統的な道徳的教えを支持する統一メソジスト派の宗教的自由にも明らかな意味を持っています。

現在、ほとんどの同性愛者の結婚法には、教会、場合によっては個人信者を保護する宗教的自由の条項が含まれています。しかし、そのような見解が実際に私たちの政治階級の心の人種差別と道徳的に同等である場合、法律が最終的にそれらを同等に扱うことを期待する必要があります。

同性愛者も保守派のクリスチャンも、戦いがより均等に行われたときにすぐになくなる(または完全に相互に排他的ではない)ことを認識して、文化戦争における何らかの形のデタントがかつて可能であったかもしれません。しかし、対戦相手の特権をほとんど気にかけない敗北した伝統主義者グループは、掘り出し物を作る立場にはあまりなりません。

それはキリスト教の権利の最大の政治的誤算であるかもしれないものに私たちを連れて行きます:彼ら自身の良心の自由を守るのではなく、罪人を徳にするために政治に入る

W.ジェームスアントルIIIは、Daily Caller News Foundationの編集者であり、近刊の本の著者でもあります。自由を貪る:大政府はこれまで止められますか?

ビデオを見る: The Great Gildersleeve: Selling the Drug Store The Fortune Teller Ten Best Dressed (1月 2020).

コメントを残します