人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

介入主義と国際秩序

第一に、Ygelsiasはその支配的な保守的な立場をやや誤って伝えていると思います。保守派は、世界のいくつかの側面が実際にプラスの金額であることに同意しているようだと思います。グローバルな警察力としての米軍は、私たちの利益を保護するだけでなく、同盟国に平和的に彼らを追求させます。アメリカの権力は他国の多くの立場と利益を支持しているため、彼らは米国の権力の蓄積をゼロサム問題とは見なしていない。 〜グレッグ・スコブレテ

イグレシアスが保守派は一般的に国際関係をゼロサムゲームと見なしていると考える理由の1つは、多くの外交政策保守派のコメンテーターの多くがこれを世界の見方だと主張している(そしてこれがオバマの見方でもある)ことです。ロバート・ケイガンは、オバマのカイロ演説のスローワン・ラインにもともとオバマが意図したゼロサム・ビューの拒絶をsupposed笑することに捧げられた全シリーズの記事を持っています。

それにも関わらず、グレッグは一部ここにいます。私は以前、パックス・アメリカーナと米国の覇権や優位性の擁護者は、アメリカにとって良いことは(これを理解しているように)世界にとって良いことであると主張しているので、イデオロギー的狂信、反米的憎悪、または貪欲以外のいかなるものからも、他の国々が米国の「リーダーシップ」に抵抗するかもしれないことを把握することの困難1月に言ったように:

Pax Americanaの信者にとって、「ゼロサムゲーム」があるのは、他の州が米国の慈善的な介入に抵抗するときだけです。

別の言い方をすれば、他の国が米国と協力し、ワシントンが望むことをするとき、これらの人々は誰もが利益を得ると信じています(たとえ米国と私たちの同盟国が国際的な安定と安全を損なう悲惨なコースに着手したとしても)。片方だけが得られる対立を生み出すのは、米国に対する反対と抵抗だけです。右と左の主な違い、または右の一般的なビューと進歩的なリアリズムの違いは、前者が世界中の米国に対するはるかに多くの反対と抵抗を見る(または想像する)傾向があり、はるかに可能性が高いことです脅威、課題、揺るぎないイデオロギー的敵意の観点からこの反対を見てください。非介入主義的権利と進歩的現実主義との主な違いは、進歩的現実主義者は依然として、国際機関を通じてすべての同じ「問題」を解決しようと主張することと、介入主義者の権利が権力の投射と自由を通じて解決できると信じる「スマートパワー」であることですしかし、非介入主義者の権利は、そもそもこれらの「問題」をアメリカの問題と見なす可能性がはるかに低い。

過去10年間で、他の何かが右と左の一般的な外交政策の見方を区別しました。これは、国家主権と国際法に対する相対的な敬意です。 「保護する責任」を説く人道的介入主義者がいますが、人道的介入主義は、これらの介入の恐ろしい費用が増加するにつれて、左翼の地位を失っています。支援と解放の手段として国全体を破壊するという不条理は、左側のより多くの人々に現れ始めています。マーク・マゾワーは、彼の興味深い世界問題のエッセイで次のように述べています。

しかし、彼らのより思慮深い人々は、指導者が彼らの人々をどのように扱うかが国際問題で数えられる唯一の問題ではないことを認識するようになりました。それどころか、前世紀の歴史が何かを示していれば、 明確な法的規範と、より一般的な国際的な安定の確保が、人間の福祉の原因にもなるということでした 大胆な鉱山-DL。機関を構築するよりも、機関を破壊する方がはるかに簡単であるという事実は言うまでもありません。したがって、国内および国際的な制度に対する自由主義の特徴的な無関心は疑問視されている。要するに、人道的介入主義の時代の終わりは、西洋の権力の衰退の兆候と見なされるようになり、世界の人々の多くを彼らを支配する暴君の慈悲に委ねることとして嘆かされるかもしれません。しかし、遅ればせながら国際関係の新しい成熟が出現しているため、より積極的に見ることができます。

このより冷静な進歩的なリアリズムと、オバマに対するすでに非常に疲れた苦情を暗唱するための彼のホイルとして使用するマゾワーのエッセイを引用したマイケル・バローネの介入主義者の口論と自由のせせらぎと比較してください。オバマ大統領の外交政策は、「彼の5人の前任者とはっきりと対照的な人権への冷淡な無関心を示した」。この観察の正確さはしばらくの間、それが共和党員であり、保守派と思われる作家であると考える他の国での人権侵害のために、大統領が十分な説教、講義、温ongに取り組んでいないと不平を言っています。

イグレシアスは、主流の保守派は過去10年間に使ってきた人権のレトリックを実際に信じていないと主張し、彼は彼らの「人道的関心の職業」は「空想的で日和見主義的」であると言いますが、私ははるかに心配しています可能性は、彼らが絶対に誠実であり、彼らがとった危険な立場が何であるか全くわからないということです。主流の保守派の一部は、人権の主張を単に敵対者のudge棒として使用するだけであり、他の政権の人権侵害を、すでに実現したい積極的な政策の口実として使用していることは間違いありませんが、当面は人道的介入主義です左側の理論的にはより自然な家から、主流の右側の新しい環境に単純に移行したため、それほど死にません。

奇妙な動きで、バローネはウォルター・ラッセル・ミードの記事をドラッグして、自由主義的国際主義の黄wiを宣言し、マゾワーに対抗しようとしますが、バローネはミードが他の何かについて話していることを理解していないようです。ミードの主なポイントは次のとおりです。

世界は大きな国際機関の権威と効力を損なう方向に容赦なく発展しており、アメリカの権力(私は、衰退する運命にあるとは思わない)はますます機関の枠組みの外で、それのように、あるいはそれ以外で動作しなければならないだろう。

ミードが正しい場合、およびこれを疑う理由がある場合、それはマゾワーが彼のエッセイで言うことと必ずしも矛盾しない。全体として、Mazowerのエッセイは記述的であり、過去20年にわたる開発の説明を提供しました。実際、国際機関の権限と有効性が損なわれている場合、国際的に認められた国境の安定性を改善し、将来の人道的介入の機会を減らすことができます。結局のところ、最近の不必要で違法な戦争の合法的なイチジクの葉として機能したのは、国連制裁と安全保障理事会の決議です。国際機関を弱体化させ、「国際社会」と「ならず者国家」のフィクションを毎日より不合理なものにしている開発も、国家主権を強化する傾向がある開発です。国際機関の有効性と権限に関係なく、人道的介入主義を可能にしたのは単極性であり、多極化への移行は、過去20年間でユーゴスラビアとイラクとして扱われる国家がますます少なくなることを意味します。ロシア、中国、インド、さらにはブラジルやインドネシアなど、その他の主要な新興国は、特に民族分離主義の原因にサービスを提供している場合を除き、国境の変更を奨励することに関心がありません。彼らのほとんど全員が民族の緊張と分離主義運動に十分な懸念を持っているため、彼らは分離主義者や他の州内の抑圧された民族集団に代わって介入するインセンティブを持たない。

全体として、過去20年間に国際法と国家主権の重大な違反を行ったのは非西洋諸国ではありません。ロシアによるグルジアの分割でさえ、セルビアの分割に対する直接的な反応であり、それは完全に西ヨーロッパとアメリカの政府の仕事でした。厳密に内政に介入し、主権国家を切り開き、他の国家を占領してきたのは、ヨーロッパとアメリカの政府でした。奇妙に思えるかもしれませんが、ミードの用語を使用するのは非欧米人であり、さらにこれらの動きに一貫して反対しているロシア人です。理由の組み合わせに関係なく、国際的な不安定性を高め、政治的混乱を引き起こし、革命を広めたいと思ったのはヨーロッパ人とアメリカ人でした。ヨーロッパとアメリカの相対的な衰退は、「新しい勢力の台頭が世界をアメリカ人が築いた道をリードし続ける」という状況には至らないかもしれないが、それは特定の国際規範、例えば国家主権、より完全に尊敬され、国際的な安定性が増した場所です。

追伸関連するメモとして、TACの新しい問題を取り上げるか、帝国と戦争状態に対する左右の同盟関係を構築する見通しについてのLeft / Rightシンポジウムを購読し、オンラインで読むことをお勧めします。

ビデオを見る: 世界史 第一次世界大戦 内戦と諸外国の干渉 分 (1月 2020).

コメントを残します