人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

輸送中の紛失

キャロライン・ラングストンは、空港チャペルの終miseを嘆きます。

実際、エルザッツ礼拝堂での祈りは、キリスト教信仰を実践する最も純粋な形であるように思われました。信仰が何であれ、あなたがチャペルのある空港に来たときにゲストブックを一toすることをあえてします。これらのページでは、悲しみと必要性の最も裸の表現を見つけるでしょう。

1970年以来、告白者のドアを暗くしないことをcrowする人々は、緊急事態を走り書きします。滑らかな白いページにフェルトペンで。

ワシントンD.C.と関係があり、トレンドを阻止するほとんどの事柄とは異なり、首都ワシントン空港局は、ダレスインターナショナルとレーガンナショナルの施設で、現場のカトリックの司祭と他の信仰の通常の聖職者とともに、強烈な仕事をしています。

特に、レーガンナショナル空港の礼拝堂は、真に「開放的」な宗教空間の一例です。これは、輝くブロンドの木製の床と、壁の周りの高い宴会席があり、安全で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

しかし、多元主義、宗教的ではなく精神的な「なし」の台頭、そして空港でのより高級な小売への意欲はすべて、空港礼拝堂の暗い未来を示しています。

これらの主張者たちによると、「イスラム教徒の忍び寄る」証拠である、主にイスラム教徒に奉仕する礼拝堂を見つけるためにbする保守的なインターネットスレッドがあります。 (しかし、誰が最初に礼拝堂を捨てましたか?私は尋ねたいです。実際に誰が入って祈りに時間をかけましたか?)

私はそれをやったことがありません。君は?ラングストンはそれらをとても心を打つ音にします。私はいつも誰がそれらの場所に祈るために行くのだろうと思っていました。

どのような人が空港の礼拝堂で祈るイスラム教徒をgrみますか?男、それは何かです。

ビデオを見る: 商品届かず アマゾン配送遅れの背景は (1月 2020).

コメントを残します