人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

他国への屈辱は、ナショナリズムをかきたてることが保証されている

ノアミルマンはファーガソンの質問の1つに答え、彼自身の質問を投げかけます。

質問を振り返りましょう:軍事的屈辱に苦しみ、その結果、新しい行動によって国家の名誉を引き換えると約束した政党、軍隊、または個人に向かわなかった国を挙げていただけますか?ドイツ、日本、イタリアは、第二次世界大戦によって「屈辱」を受けていませんでした。彼らは徹底的かつ包括的に敗北した。 1870年以降のフランス? 1918年以降のドイツ?ヘック-1975年以降のアメリカ?私が考えることができる唯一の例は、正直なところ、1999年以降のセルビアです。

セルビア語の例でさえも正しくありません。ミロシェビッチはコソボを失った後、権力を追われ、セルビアは2000年以来EUとのより良い関係を開拓しようとしたが、タディク大統領でさえ、セルビアがセルビアに入らないようにする可能性があるにもかかわらず、コソボの独立について妥協しない立場を取っていることは事実です長い間EU。セルビアは、コソボの支配をほぼ確実に回復することはありませんが、 デファクト 彼らの国の分断は、彼らの政府が彼らが主権の問題とみなす何かに屈したがらないように思われます。

イランの場合、イランの核施設のほとんどまたはすべてを破壊する攻撃は、政権の転倒につながる可能性はありません(ノアが他の場所で述べたように、イラン人は攻撃を不当な攻撃と見なすでしょう)。万が一、「屈辱」のために政権が崩壊したとしても、それは確かに後継政権にはなりません。 もっと 核問題に対応する。政権が生き残った場合、核抑止力は将来の攻撃に対する保証と見なされ、後継政権は、その前身を打ち倒すような攻撃を防ぐことができるかどうかに依存して、その安全性と生存を確認します。

ビデオを見る: JOKER - Final Trailer - Now Playing In Theaters (1月 2020).

コメントを残します